Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mousouhanasi.blog137.fc2.com/tb.php/79-4b45a3f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ウサギの節目

どうも~毎度ながらいろんなキャラでうろついてますw

なんだか羊育ててて、ほかのキャラに装備併用できないのはなんかな~と思ったので

ウサギ育成に少し力入れようかと思いました(`・ω・´)

グレクレPT

同じギルド仲間のウサギさんと共にグレクレPTへ

え、物理でグレクレとか無理じゃない^p^

とか最初思ってたけど

なんか行けたww

そのまま調子のって5回クリアしてTMうまうま~して

その後は延々関門狩り

きついけど気合で乗り切った結果

祝190!

キター190っ

これで念願のテンペ装備できるよ~^^

でも風マスターにTM3足りないw

でもいいや満足だし(オイッ

このままのんびり狩りしてたら上がるだろうし~

暫くウサギ育成頑張るし上がる上がるっ

てなわけでのんびり育成頑張ってきますノシ
~静音と臥龍の~

今日は狩りにもいかないで自室でのんびりくつろいでいた

そんな折、一階からうるさい声が響いてきたのだ

どうやらいつもの二人が言い争っている様子だった

このままくつろいで本を読んでいてもいいんだけれど…

うるさすぎてそれどころじゃない様子になってきた

「うるさいわねぇあたしは狩りに行かないの」

「副マスたるものが毎日拠点にいては示しがつかないだろう、狩りに行くぞ」

「いやよ頑固石頭っ」

「なっ…その言い方はないだろう、僕は君の将来を心配して…」

毎度ながら臥龍さんが押されてる

しかし何度聞いても静音さんは容赦ない毒舌ぶりだ

聞いてて痛々しくなってきたので仕方なく止めに下へと降りて行った

「あの~二人とも…辺りに丸聞こえですよ?」

そう言われて初めて大きな声を出していたのを認識する二人

臥龍さんは軽く咳払いを、静音さんは顔を赤らめながらそっぽをむいた

「た、ただの世間話だし気にしないで」

「そうです気にしないようお願いします」

この調子じゃきっと皆も知ってる事実なんだろうなぁ

でも何でもかんでも突くのも悪いしこのまま流してしまおう

私がそんなことを思って自室へ帰ろうとしたとき、事態を引っ掻き回す人物が現れた

「痴話喧嘩するのもいいが、こんな広間で恥ずかしいことするんじゃないよ」

「なっ!マスターいつからそこにいるんですか!?」

「さぁ?いつからだろうねぇ?」

「悪趣味めっ」

いつも通り毒舌で一蹴する静音さん

その言葉を聞いて燕火さんの耳がぴくんと反応

そして一瞬で間合いをつめた

「静音~いつから私にそんな態度をとるようになったんだい?」

「え?いやあたし何か言いました?w」

燕火さんは笑っていたけれど、目が本気だった

それがわかるのか静音さんも目を背けながら冷や汗を流していたのだ

「まぁ臥龍に免じてなにも仕置きはしないでおくが、程々にな?」

「わ、わかってますよ~;」

そういって居づらくなった静音さんはそそくさ外へと出かけて行った

そして取り残された三人は

「マスター、静になりかわり謝罪します、あの子は言葉が過ぎるもので…」

「あぁ気にするな、少し真顔でからかっただけだ」

そう言っている燕火さんの顔はいつも通り穏やかな顔になっていた

しかし真顔でからかうって…燕火さんも人が悪いというか…

「私は臥龍、あんたに信頼を置いてるんだ。あんたが好きな人物を無下にしたりはしないよ」

え?

「ま、マスター!シェリルさんもいる前でその話は」

「いいじゃないか減るものじゃないし、好きな事実に変わりはないだろう?」

燕火さんがいうには臥龍さんが一目惚れして勧誘し同じ副マスターとして頑張ってるみたいで

でもどうやら静音さんはまだまだ自由奔放でそういったことはわかってないみたいで

今もこうしてマナーや副マスとしての義務なんかを教えてる毎日みたい

「さぁ私は少し休むよ、後は頼むね」

「了解しました、ゆっくり休んでくださいよ」

引っ掻き回すだけ引っ掻いて燕火さんは自室へと帰って行った

残された二人は

「あの人も人が悪い、この事は他言無用で頼みますよシェリルさん?」

「え、あはい、私も何が何だか…」

静は僕の持っていない物を持っている、その輝きを見るたびに僕は惚れていってしまうんだ

最後に臥龍さんは少し胸の内を明かしてくれたのだ

たしかに、臥龍さんは律儀で真面目で…

まったく逆に近い静音さんを羨ましいと思えるのかもしれない

でも、なんだかそんな二人だからこそお似合いに見えるなぁ

「どうしたんです?」

「ううん、なんでも」

今日は何だかいいことを知った日だったなぁ

END

私生活の話書いて行ってたら長くなりそ~w

でもこんな仄々も悪くないよねっ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mousouhanasi.blog137.fc2.com/tb.php/79-4b45a3f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

あむ☆あむ

Author:あむ☆あむ
日々常に動き続けるこの世の中、取り残されないよう必死にもがきあがき自身の証を求め奔走する羊。

難しいことわかんないって人、とりあえず毎日インしてうろうろしてるってことですよww

よわっちぃからって苛めないでよね><

明夢      lv236 鰤HP猫
明海ゅ     lv296 鰤水雷羊
エトランティカ lv193 鰤 風兎 ☆


あ~…今日もマックソがおr(ry

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。