FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mousouhanasi.blog137.fc2.com/tb.php/76-7523d7f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめまして色々ェ

最近めまぐるしく色々ありましたねぇ~

でも話のネタなかったので結構さぼってたr(ry

screenshot0041.jpg

無事猫も転職終え、すくすく育つ中~

screenshot0051.jpg

飴さんが結婚して花に埋もれてたり~

screenshot0055.jpg

仲が良かった前のギルドの人たちと再会したりでほんといろいろあったわぁ~^^

私?私は相変わらずマイペースに独り身です^p^

いいもん~仲間がいればそれでいいもん~楽しいもんっ

最近ひっそり別キャラで遊んだりで楽しいしw

猫は猫でのんびり育成して215目指しますん~

ウサギは所持アクセ切れて戦えないww

なので暫くまた猫育成なりよ~

ではではまた猫育成できたら報告しますんノシ
~お・ま・け~

~猫と狐の旅路~

太陽照りつける大地の中、私は黙々と狩りをしていた

額を汗が流れる。疲労で少し視界がぐらつく

だけど私は狩りをやめない

だってもう少しでレベルが上がるんだもの…

「はぁ…後、もうちょっと…」

気力だけで武器をふるっている最中、一際大きく視界がぐらついた

倒れる…

そう思ったから右足を前に出して踏ん張った

だけど、大きな隙がうまれてしまった

「あっ……」

目の前にはモンスター

眼前に迫る敵の攻撃

だめ…避けれない

覚悟を決めて私は強く目を瞑った

しかし…敵の攻撃が私に命中することはなかった

一陣の風と共に投具がモンスターを貫いたからだ

いったい誰が…そう思っていると後ろから声が聞こえてきた

「あんた大丈夫か!?」

それは大人びた雰囲気の狐さんだった

ここのモンスターを一撃で仕留めるんだからかなりの腕の持ち主だろうけど…

「さっきから少し気になってたんだ、無理して狩ってたら命取りだよ!」

会って間もない人から一喝された

そんなにも私無理して狩ってるように見えたのかな…

「ほら、回復薬。それ飲んで木陰で休憩しましょ」

狐さんから手渡された回復薬を手に仕方なく木陰で休憩することにした

「あんた仲間は?この暑い時分に一人で狩りは危険なんだよ?」

「うん…ごめんなさい…」

謝りながら私は先ほどくれた回復薬を口にする

一瞬で体から汗が引いていくように回復薬は冷たかった

だから一気に飲み干す

「ははっまだそれくらい元気あるなら大丈夫だね。街まで送ってくよ」

親切な狐さん、少し遠いけど街まで送ってくれるみたい

「そんな悪いで…」

「断ったら無理矢理でも連れて行くからね?」

有無を言わさない狐さんの目

逆らうと何かされそうな威圧感に私はただはいとしか言えなかった

「あ、ありがとうございます、えっと…」

「ん?あぁ私は燕火、まぁなんとでも呼んでくれて結構だよ」

「わかりました、燕火さん助けてくれてありがとうです」

「気にするな、私が勝手で助けたんだから」

こうして私は狐さん、燕火さんと共に街へと帰還したのだった

END

ん~なんか思いつきで書いてしまったww

え?モチーフなんていない…はずっ

適当です脳内変換したらこんなの出来上がっただけですw

なので続きとかそんなの考えてないので湧いたら書くよノシ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mousouhanasi.blog137.fc2.com/tb.php/76-7523d7f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

あむ☆あむ

Author:あむ☆あむ
日々常に動き続けるこの世の中、取り残されないよう必死にもがきあがき自身の証を求め奔走する羊。

難しいことわかんないって人、とりあえず毎日インしてうろうろしてるってことですよww

よわっちぃからって苛めないでよね><

明夢      lv236 鰤HP猫
明海ゅ     lv296 鰤水雷羊
エトランティカ lv193 鰤 風兎 ☆


あ~…今日もマックソがおr(ry

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。