Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C68]

うぅ~なんか悲しいけど感動した;;
次の話はどんなかな?(
  • 2010-11-26 01:16
  • えい
  • URL
  • 編集

[C70] No title

いろいろ謎が残ったけどこれはこれでおもしろかったよ((
  • 2010-11-26 14:16
  • ギー太
  • URL
  • 編集

[C71] No title

お話としては凄くよかったけどあむあむ自信はこんな感じじゃなくいつも楽しいことを考えていてねw

最後のなのかな?ってとこがなんかキュートみたいw
ぁw 前田敦子のドラマねb
  • 2010-11-26 21:11
  • エルザ
  • URL
  • 編集

[C72] No title

あぁ~いい話だった…
でも結局悲恋なのね…
次回作も期待してまs(ry
  • 2010-11-26 23:08
  • ふうこ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mousouhanasi.blog137.fc2.com/tb.php/18-d0a643fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

色々空虚

あんれ~…またこの症状か^^;

もう面倒だな~…なんも考えたりしたくn(ry

でも読者のためにこの物語くらい終わらせて去りますよっ(多分去らないけど)

この悲しい悲恋話を…

~潰える月夜~

この地で流行った病…その名も凍結病

突如何の前触れもなく、何も感じなくなる病気

人の体温から物の温もりまで全て凍てつき感じなくなる…

そう、人を愛していたという思いさえも凍結する…

「じゃぁなぜ君はまだ彼を愛して…」

その青年の言葉を途中で遮ると、私は静かに首を振る。

「違うの、愛していたはずなの。多分その感情さえも、もう分からなくなってきたけど…」

私は空に瞬く星たちと、大地を明るく照らす満月を見上げた。

普通なら死ぬと思うと悲しい、辛いって思うんだろうな…

「だけど何も感じないから楽だよね?このまま心まで完全に凍てついて死んでいくんだもの」

「解決法はないのかよ?このまま黙って君が死んでいくのを見ていろっていうのか…」

解決法があれば…今頃彼も死んでないし、私もこんなことにはなってないよ…

「だから君はもうここにはこないで…もう、私に残された時間は少ないから」

そういって私は上辺だけの、見よう見まねの笑みを青年に送った。

すると青年は、いきなり私を抱きしめてきたのだ。

「俺は君を助けたい。これだけ思いを載せても…だめか?」

とても強く、身体が青年と一つになるくらいに。

しかし…

「ごめん…貴方のその思いも、その体温も、私にはわからない」

私は無理矢理青年の身体を引き離すと、青年をおいて森の奥地に走り出したのだ。

もう青年は追いかけてこない。きっともう諦めたんだろう…

私は森の奥地を目指して走り続けた。目指す場所はもう決まっていた。

身体が徐々に冷たさを増す…。走るごとに、荒い息とともに精神が朽ち果てていきそうだった。

それでも私は頑張ってある場所にむかった。

「はぁ…はぁ…」

到着した。私の終わるべき場所に。

「久しぶりだね。覚えてるかな…私のこと」

私は地面に座り、近くの石に問いかけた。そこには彼の名前が彫られている。

「今更会いに来て、迷惑かな…でもね、最後くらい我侭みたいなのを言わせて」

私は石に寄り添うと、その石に身体を委ねた。

でもそうしたところで何があるわけでもないけど…。

「そっちにいったら、また…愛し合えるかな」

徐々に心臓の音が弱まるのがわかった。最後に、私はそのままの状態で夜空を見上げた。

「見て…とても綺麗な、星…空」

そしてふと横を見ると、愛していた彼が微笑んでいたのだ。

その彼に見取られながら、私は静かに眠った。

END

ごめん悲恋しか思い浮かばなかった;;でもうちは満足だな、こういう死に方も(ry

さて長くなったかな?彼女も最後くらいは笑って逝けたのかな?

ではまた…なのかな;;ばいび~ノシ
スポンサーサイト

コメント

[C68]

うぅ~なんか悲しいけど感動した;;
次の話はどんなかな?(
  • 2010-11-26 01:16
  • えい
  • URL
  • 編集

[C70] No title

いろいろ謎が残ったけどこれはこれでおもしろかったよ((
  • 2010-11-26 14:16
  • ギー太
  • URL
  • 編集

[C71] No title

お話としては凄くよかったけどあむあむ自信はこんな感じじゃなくいつも楽しいことを考えていてねw

最後のなのかな?ってとこがなんかキュートみたいw
ぁw 前田敦子のドラマねb
  • 2010-11-26 21:11
  • エルザ
  • URL
  • 編集

[C72] No title

あぁ~いい話だった…
でも結局悲恋なのね…
次回作も期待してまs(ry
  • 2010-11-26 23:08
  • ふうこ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mousouhanasi.blog137.fc2.com/tb.php/18-d0a643fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

あむ☆あむ

Author:あむ☆あむ
日々常に動き続けるこの世の中、取り残されないよう必死にもがきあがき自身の証を求め奔走する羊。

難しいことわかんないって人、とりあえず毎日インしてうろうろしてるってことですよww

よわっちぃからって苛めないでよね><

明夢      lv236 鰤HP猫
明海ゅ     lv296 鰤水雷羊
エトランティカ lv193 鰤 風兎 ☆


あ~…今日もマックソがおr(ry

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。